取り入れていかなくてはならないモノ

どうも、haku です。

ご覧いただきありがとうございます。

お金に対する知識。

≪ お金は、僕たちが生活する上で大切なモノ ≫ にもかかわらず、学校などでは教えてめたくれませんし、お金の話をするとなぜか、顔を背ける傾向があるように思います。

学生時代にお金の話を先生に言うと

「お前は、まだそんなことを考えなくてもいい」

ってな感じで怒られてしまったり、親にいっても

「そんな事より勉強しなさい」って感じです。

お金について、真っ向から立ち向かって教えようとしません。

特に日本の場合、お金の話をすると、どうも嫌な顔をしてしまう傾向にありますよね。

たしかにお金は人の欲が絡みますし、これまでの日本の歴史をふり返っても、お金は「悪」とする教育があった側面があるのは確かです。

しかし、お金は日本のみならず、世界中人が生きていく為には欠かせないものの一つでもあります。

だから、必ず学ぶ必要があります。

例えば
あなたがこれまで受けてきた教育。学校で習った日本語の読みか書きや、足し算、引き算など最低限の勉強ってありますよね。

もし、あの学校での勉強する機会を与えてくれなかった状態のまま、社会に出たら、どうなるでしょうか?

読み書きができないし、数字も計算も出来ない訳ですから、めちゃめちゃ苦労するのが想像つきますよね?

今このブログを見ている方も

「もっと稼ぎたい」

「給料以外の稼ぎ方を知りたい」

「経済力をあげたい」

と思う方が見てくれていると思います。

それっていうのは
「もっとお金やビジネスに関して勉強しておくべきだった」 と思っている証拠でもあったりします。

でも、それでいいんです。

なぜなら、今がその学ぶ時だからです。

時間は有限って事を考えれば、今より速い時期はありません。

早くにするからいいのです。

早く知ることが出来れば それだけ早く対策がとれます。

自分から動くから

「給料以外で収入を得ること」

「自分でお金を稼ぐ」

「経済力をあげる事」も他では
学べない貴重な体験も出来るからです。

教えてくれない環境なのであれば、
自分から積極的に勉強する機会を作って行きましょう。

では、共に頑張りましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. max より:

    アラ〜 うちは18過ぎたらどうやって身をたてる?でしたよ。

    • haku より:

      maxさん、コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りで、
      どうやって身をたてる
      この部分をもっと貪欲に考えていきたいですね
      がんばっていきましょう。