喜びを得る為にする事

どうも、 haku です

ご覧いただき、ありがとうございます。

最近 「よっしゃっ〜!」 って感じるくらいの喜びを感じていますか?

と、言うの少し前になるのですが、お客さんとの会話の中で喜びの話題になって 「喜びを感じているのか?」 という言葉を聞いて、自分はどうなのかな?って、ハッと疑問に思ったので、これまでを振り返ってました。

僕は自身、ハッキリと

「僕は、最近喜びを感じてますよ」 と、答える事が出来ない自分が居たのです。

そこで、「なぜそう言えないのか?」

「この原因は何なのか?」

と、自分自身を探ってみると原因は簡単でした。

生活の中に 「挑戦がない」そんな生活が原因だと気付きました。
というより、挑戦しているつもりだったです。

あなたも今のポジションでガンバッテいると思います。

それは僕も同じで、それなりにがんばっていましたので、その中での充実感や達成感もありました。

けど、それが 「自分の喜び」 に繋がっていると言われれば、そうでない部分があったからです。

そう思うのも 「喜びを感じられる」 というのは何かを熱をもって成し遂げた時だと思ったからです。

例えば
がんばってテストを受け合格したり、
がんばって資格を取ったり、
がんばって営業成績で上がったり、
時間をかけて、努力した先にそれが実った時に、その喜びで心が満たされます。

つまり、喜びって、挑戦の中にあるモノだと気付かされました。

だから 「喜びだけを得たい」 と思っても、それは難しい事なんですね。

挑戦と喜びは、二つで一つ です。

喜びを得るためには、挑戦が必要です。

挑戦をするから、喜びを得られます。

挑戦がなければ、喜びを感じることもありません。

なので、僕みたいに 「喜びを感じていないな」 と思った人には、共通点があります。

それが 「挑戦がない」 という事です。

諦めてしまった人か、現状維持をしているのです。

サラリーマンだと、どうしても組織の中で、支配下にいますし、無茶な事は出来ないので、無難な選択をしがちですし、同じ事を繰り返していることがほとんどです。

挑戦と喜びは、セットなのですから、挑戦がなければ、喜びも得られなくて当然の話。

勝利の喜びって、戦いに挑む者だけが、経験出来る事ですからね。

意識的に挑戦をしていかなくてはいけないのですね。

あなたは、最近喜びを感じていますか?

では、共に頑張っていきましょう