その「受け皿」デカくしましょう

どうも、haku です。

ご覧いただきありがとうございます。

最近、感動していますか?

っというのも感動するためには、「学ぶことが必要」なんです。

ぼくは学生の頃、ジーパンに凝っていました。

ジーパンに凝りだすと、ジーパンに関してたくさんのことを知りたくなります。

すると、また新たな発見があって感動できるんですね。

例えば
好きなジーンズを履く時 それに合う服とかも気になってきます。

どんな服が似合うのか? 

Tシャツ?

 シャツ? 

ジャケット? 

どんな素材や色など、ジーンズ以外のことにも関心をもちはじめます。

どれが一番お気に入りのジーンズに合うのか?

気になって さらに深く知りたくなるんですね。

そうしてるうちに服に関して学び始めます。

たった一つのことでも、それに関して学び進める中で、その中では新たな刺激を受け、またそこで感動することができます。

感動しているという事は、心が感じ動いています。

まぁ、そのとおりなんですが・・・w

心が感じて動く為には、その刺激を受け取ることが必要ですよね?

つまり、感動を受け取る為の知識 「受け皿」 となるモノが必要なのです。

その「受け皿」を作って大きくする為には、新たな知識を入れるために、学びが必要になっているですね。

学ぶことで、この「受け皿」は、どんどん大きくなっていきます。

この受け皿は、たくさんの種類に分かれていて、その各種受け皿がそれぞれに刺激を受け取ってくれているんです。

だから、受け皿が多く大きいと その分刺激を受け取れるようになるので、感動することができるんですね。

この繰り返しの中で、徐々にその受皿が広がっていきます。

これと同じく、建築に感動できる人というのは、建築への受け皿があるからです。

pcに感動できる人は、pcに対して詳しいっこと、その感動の受け皿があるからです。

これはビジネス関しても同じことです。

ビジネスに関して感動できないのは、ビジネスに関して知識がないからです。

あなたが扱っているモノ?

あなたの顧客は?

あなたの販売方法?

あなたに知識がないと、その素晴らしさが分からないんですね。

素晴らしさが分からないという事は、その感動を相手に伝えることはできませんよね?

なので、これまで学校や職場では教えてもらえなかった このビジネスに関する知識を身につけて、その受け皿を大きくするために、学ぶことが大切なんですね。

その為にできることを今日からでも、はじめましょう。

では、一緒にがんばっていきましょう