維持をする為に必要なモノとは

どうも、haku   です。

今日は 、会社で健康診断を受けてきました。

胃カメラもやったのでなかなか大変でした。

だけど、普段見れない所を見たり、先生から 「綺麗な内臓だったので」の一言もあり一安心な気持ちもあります。

酒もタバコも辞めてながいので なおさら気持ちがいいです。

でも、病院の待合室では健康について考えさせられます。

で、その時感じたのが「健康でよかった」と同時に、健康な対する意識が薄い事も感じました。

健康だから、よかったけど「何かあってからでは遅い」と感じたからです。

そして、健康の事も自分の収入の事も僕たちが生きていく上で必要なものです。

意識しないで、何もしないで、ずっと維持できるものではない。

そう言った部分は似ているとも思いましたね。

昨年からネットに関する事にどっぷり時間を割いたので、机に向かっている時間が圧倒的に増えました。

その分、知識や技術も少し増えましたが、体重も少し増えましたw

健康も収入も若いうちは大丈夫と思ってしまいます。

会社での収入も、次なる就職先も、バイトやパートなども、若いうちはなんとかなる、何か出来る、何か他にあるように思います。

でも、体、体力、代謝も収入も、若いから崩れるまでに少し時間がかかるだけなのです。

なので、

「今は問題ないし大丈夫」

「しなくても大丈夫」

「もうしばらくは大丈夫」

「俺から大丈夫」

「私なら大丈夫」

そう思っている人は、注意必要です。

なぜなら「何かあってからでも大丈夫」だと思っているからです。

もちろん、大丈夫な場合もあります。

ここで大切なのは認識です。

普段から必要なものでない「特別なもの」という認識があるからなのです。

なぜそういう認識に注意が必要なのか?

それが健康も収入もそうなんですが、維持することが生活の一部となっていないので「何かあってから始めればいい」と思ってしまっている点です。

こういった認識が

「次の働き先を探せばいい」

「バイトでも探せばいい」

「なんとかなる」

悪くなってから、改善の為に始めるものだと思ってしまうのです。

しかし、それでは何かあった時には、不安定です。

今が忙しいから何め学ばない。

収入が減ってから、状況が悪くなったから、勉強を開始する、副業を始める

次の働き先が見つかるとやめてしまう。

すると、また収入の問題に直面する。

何か悪くなってから、やるものだという認識があると、不安定なままなので、まだ時間が経った忘れていても、どこかで同じような事になるとまた繰り返すことになるからです。

時間は有限ですから戻る事はありません。

明日のあなたの決めるのは、明日ではなく今日のあなたです。

今日やった結果が、明日へとつながっていきます。

これは、健康も収入も同じです。

維持をすること大切なんですね。

毎日の運動を当たり前の習慣とするように、自分の収入も意識することが大切なのです。

このまま会社の給料だけで頼ってていいのか?

給料以外に自分の力で稼ぐ事、自分の収入に関しても意識する事も、生活の一部として定着させる必要がありますよね。

毎日する意識して行動するからこそ、日々のあなたの健康もあなたの収入も今の状況からさらなる安定へ向いていくと思います。

では、共に頑張りましょう。


30代サラリーマン ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村