魚を貰うより、釣り方を教わる

どうも、hakuです。

ご覧いただきありがとうございます。

「お金が欲しい」と多くの人が願っていることです。

「当たり前じゃないか!」と思うかもしれません。

しかし、「お金が欲しい」と願っているからと言って、急にお金の残高が増えたり、
収入が劇的に上がる訳ではありません。

老子の言葉で

「魚を与えれば、その人は1日飢えないでいられる。魚の捕り方を教えれば、その人は一生飢えないでいられる」

お金をもらっても、使ってしまえば、それで終わりです。だからこそ、給料をもらう事、お金を得る事ばかり表面的なことにとらわれず、

本当に大切なことに目を向けてみると、本当に自分が望む収入を得たいのならば、

お金を「手に入れること」ではなく「稼ぎ方」を身につけたほうがいいということです。

なぜなら、一度身につければ、一生涯活用し続けることができるからです。

むしろその技術は使えば使うほど磨きがかかり、さらなる資源を発掘することができる強力な技能となるからです。

つまり、あなたの一生涯の武器です。

そういう能力もてた方が、自立しやすくなりますよね。

「魚を貰うより、釣り方を教わる方がいい」ということなのです。

なぜなら、どこへ行っても、釣りをすることができますからね。

「方法」を身につければ、どんな環境や状況でもやっていく事ができるということなのです。

「給料としてお金を手に入れる」より「自分でお金を稼ぐ方法を学ぶ」方が、実は賢い生き方なのです。

では、共に頑張りましょう。


30代サラリーマン ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

コメント

  1. トシカズ より:

    おはようございます、トシカズです。
    まさにその通りですね!魚の釣り方は色々あるけれど、早く釣るか、遅く釣るかの違いではないですかね。応援していきます。

    • haku より:

      トシカズさん、コメントありがとうございます。そうですね。
      釣り好きには、とてもしっくりくるモノがありました。 それにこれまでたくさんの人から、色んな「方法」を学んできたんだなっと改めて感じました。