あなたが行きたいの方へ

どうも、haku です。

ご覧いただきありがとうございます。

今朝、駅で行き先経路を尋ねられました。

おそらく、観光で来てると思われる
中国人カップルの方だったのですが

たまたま同じ路線だったので
案内をしました。

普通電車ではなく、快速電車に案内し乗車したのですが、
早く着ける事に喜んでいるようでした。

その人達の楽しそうな笑顔を見ていると
僕らの人生も電車の路線のようなものだと思いました。

駅のホームで、どの方面の、どの電車に乗るのか?

でも、ここで必要なのは行き先なんですよね。

まず行き先が分からないと、
電車にすら乗りようがありませんね。

行き先が分かるから、
乗るべき電車も分かります。

だから、安心できて笑顔もでます。

人生も同じだと感じた訳です。

どんな仕事を選ぶのか?
どう収入を得られるのか?

どの電車に乗るのと同じです。

これには、あなたが望んでいるモノ(夢)を
明確にしていないと、
どう選択していいのか分かりませんよね。

ようは行き先です。

夢は、あなたの行き先なのです。

行き先が分かるから、乗るべき電車も分かります。

もちろん、適当でもいいんですよ。

「適当な人生を送んだ」という
それが夢がなら、それでもいい訳です。

適当な電車に乗っても、
車窓からの風景や車内での出会い、
そう一歩た経験なども楽しめますからね。

でも、何の意味もなく生きるのは
おすすめしませんが・・・

なぜなら、人生は、1回ですからね。

どう進みたいのか? どうなりないのか?

方向くらいは、定めたいところですよね。

そして、電車には同じ方面の路線でも
普通電車もあるれば、
快速電車や特急電車もあります。

場合によっては、そちらを利用した方が
早く目的地へ着ける訳です。

それ為には、「知る」必要がありますよね。

僕が今朝、案内出来たのも
普通電車の他に、快速や特急があることを
知っていたからです。

これ僕が知らない、
初めての地域になれば全く分からない、
知らないので案内する事は出来ません。

なので、知る必要があります。

知れば、どうすればいいのか、
普通電車に乗るのか?快速電車に乗るのか?
を選択できるわけです。

これは、収入に関しても同じ事です。

僕は、普通に会社員として働いて
普通に給料をもらう事が普通だと思っていました。

つまり電車には乗っていたけど
快速とか特急がある事は知らなかったのです。

世の中には、働き方というのがあります。

これは、職種ではありません。

働き方です。

例えば、美容師さん。

同じ美容室の中でも、
バイトさん
社員さん
店長さん
オーナーさん。

同じ職種でも働き方が違って
その働き方の違いで収入の得方も違う訳です。

つまり、快速や特急があるのに
普通電車しか知らなければ
普通電車しか乗れないのです。

給料以外に収入を得る方法も同じです。

給料以外に収入を得られる方法はあります。

だけど、知らなければやることもできないのです。

なので、まず知る必要があります。

知らなければ、いろんな電車が交差している駅の中で
どの電車に乗ればいいのか?わかりませんよね?

あなたが行きたいの方面へ
正しい電車に乗り、乗り間違えない為にも、
行き先を決めること
そして、どの電車に乗ればいいのか、
知る事が大切なのです。

その為に、無料コンサルをしています。

ビジネス初心者でもインターネットを活用して
給料以外に収入を得る為に
何をしなければいけないのか?

※ 僕がお金を投資して、
今学んいる事、学んできた事
全くの初心者がネットを使って稼ぐ方法を
いくつかお伝えします。

【 申し込みフォーム  ☜クリック

                         

※ ポチッとして頂けると励みになります


30代サラリーマン ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

 

★ 給料以外に収入を得たい方へ ★
インターネットをうまく使って、
リスクゼロで稼ぐ事が出来ます。

そのカラクリと、ネットで稼ぐ体験をしてみて下さい。

コメント

  1. snow より:

    hakuさん、こんにちは。初めまして。
    ランキングから来ました。
    この人生論…本当その通りだと思いました。
    簡単なようで意外に気づけない事です。
    アフィリエイト始めたばかりですが目標を持って、その道筋をしっかり学ぼうと思います。
    今後ともよろしくお願い致します。

    • haku より:

      snowさん、コメントありがとうございます。
      何をするにも学ぼうとする姿勢があれば、そこからたくさんの事を学べると思いますよね。