「いつの間にか」だから怖い

どうも、hakuです。

世の中には、消費者に少しでも
お金を使わせようとする
システムがよくできています。

コンビニには、買いたくなるような
レイアウトで、見やすいように
商品が並べられています。

どれも、少しでも多く買ってもらい、
少しでも多くのお金を使ってもらう為です。

「衝動買いをしやすいような設計」が
上手になされています。

甘い罠と一緒です。

これに引っかかった消費者は
「目の前にあるから」という
理由だけで手にして、買ってしまいます。

いつの間にか、お金が消えています。

資本家は頭がいいのです。

消費者が、いつの間にか、
自然にお金や時間を使ってしまうような
仕組みを作っています。

だから、人より多く稼ぐ事が出来るのです。

で、ここから大切。本題はここからです。

お金を稼いでいる人は、
お金の使い方も上手なのです。

特に「浪費」に対する考え方がシビアです。

実は、浪費と言っても
「お金」に対してだけではないのです。
「時間」に対してもです。

浪費と聞くとお金をイメージしますが
お金だけの事ではありません。

しかも、「お金の浪費」以上に
「時間の浪費」の方が、
はるかに重要なのです。

なぜなら、失った時間は
絶対に取り戻せないからです。

お金はまた稼ぐ事ができますが、
時間は一度失えば、戻す事は出来ませんよね。

資産価値は、お金より、
時間の方が重いのです。

たとえば、
テレビをダラダラ見ていませんか?

誰もが当たり前にしている事です。

テレビをダラダラ見るのは楽しいのですが
それが目的な人は少ないはずですよね?

つまり、時間の浪費と考えられる訳です。

僕も家に帰れば、誰も居ない部屋だから
寂しいからという理由で、
ついテレビのスイッチを入れていました。

これも、資本家が作っている
罠に引っかかっていました。

面白そうだなという理由だけで、
適当にテレビを見て、
適当に時間を使います。

テレビは、少しでも長く見てもらう為に、
いろんな企画を立てて、
面白おかしく興味をそそるように
番組が作られています。

そうしなければ、
広告料が入らないからです。

たくさんの人を、
楽します事が出来るテレビ側は
少しでも長くテレビに釘付けにする事で、
視聴率を上げます。

多くの時間を使わせ、
広告を見てもらう事が出来るからです。

番組の間に挟まれている宣伝も、
気づけばいつの間にか、
目にしてしまいますよね。

僕たちは知らずに、その暗示にかかり、
次なる商品への消費へと連鎖します。

例えば、今朝も相方さんは、コンビニで
「これ、テレビで見た事がある!
食べてみたい!ちょっと買ってみよう!」
という衝動へとつながる訳です。

こうした使い方は、
お金が増えるような使い方ではありません。

使う一方、減る一方です。

いつの間にか時間がなくなり、
お金も貯まりません

さあ、今の話を聞いて
「自分のことかも?」と思ったあなた。

まずテレビの電源を消して
どうしたら、給料以外に収入を得られるのか?

あなたの為に考える事をオススメします。

それだけでも、普段の生活を
見直す事にもなりますので、
必ず変わり始めますよ。

では、共に頑張っていきましょう。


★ 給料以外に収入を得たい方へ ★

★ 本業以外にも収入を得たい
★ いろいろ試しがうまくいかなった
★ 何からやればいいか分からない
★ 忙しくて時間がない

興味がある方は、レポートを受け取って下さい。
初心者でも、資金0円でも、人脈がなくても、
特別な資格がなくても、稼ぐ事は可能です。
一緒に頑張っていきましょう

※ ポチッとして頂けると励みになります


30代サラリーマン ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

※ バナーをクリックすると、質問コーナーへ行くことが出来ます