やり方を忘れただけ

どうも、hakuです

ご覧いただきありがとうございます。
先日ある方とお話をしていて
その中で
「給料以外に収入を得たい・・・だけど」
というように迷っている方がいました。

いろんな話を聞いていくと
始められないのは、
理由を考えているからだと感じました。

でも、これは誰にでも当てはまる事で
自分の中で整合性を取ろうとします。

なぜなら
「きちんとした理由がなければ、
理由を聞かれた時に
「きちんと答えられない
「笑われる」
「反対される」など

いろんな感情がそこにはあるからです。

たしかに理由はあった方が
スマートに答える事ができ、
かっこよく見えますが
そこが要注意でもあるのです。

なぜなら、
「始めるのに理由なんていらない」からです。

始めるのに
ルールも法律も関係ありません。

では、なぜセーブがかかるのか?

それが自分が勝手に作った考えなのです。

自分が勝手にルールを作り、
勝手に自分をストップさせています。

つまり、始める理由を考えると、
あらゆる事が始めにくくなるのです。

もっともらしい理由がないと、
自分自身が納得いかずに始められないのです。

でも、僕たちに大切なのは、
限られた時間の中で
どんな事を経験するか?
でもありますよね

そうした人生の貴重な体験の機会を、
数多く逃す事にもなるのです。

つまり、始める理由は不要です。

始める理由がはっきりしていなくても、
物事は始められます。

あなたが子供も頃を思い出してみてください

ほとんどの場合で
「何となくしてみたくなった」
「何となく始めたくなった」
「何となく気になった」

これで、いろんな事を経験してきているはずです

つまり、これだけで新しい事を始められます。

では、共にがんばっていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする