欠かせないモノ

どうも、hakuです

ご覧いただきありがとうございます

どんな状況であっても、
「自分はできる」
と信じる事が大切です。

出来ると信じる事ができなければ
次に進む事ができませんからね

といっても
そこに本当は自信がなくても大丈夫なのです。

大切な事は自信はなくても、
前を向き、胸を張り、堂々とする事なのです。

嘘でもいいから「自分はできる」と信じるからこそ、
どんな状況、場面でも心が強く持つ事が出来き
次への一歩を踏み出す事ができるからです。

そう信じる事で、自己暗示力が働き、
あなたが本来もっている潜在的な可能性を
引き出せてくれるからです。

こういうと何か得体のしれんないモノの力のように
思うかもしれませんがそうではありません

自分を信じる事といっても、
何もしない事と一緒に考えてはいけないというです。

『自分はできる』と信じているから、
「何もしなくてもいい」という考えは間違っているのです。

自分を信じているからとはいえ、
何もしないでいいという事ではないのです。

「自分を信じる気持ち」と
「日々に練習」「鍛錬による慣れ」は、
完全に別の話だからです。

信じる気持ちは心を強くさせますが、
慣れる為には日々練習が必要ですよね?

「自分はできる」と信じていても
何もしない、サボると、どうなりますか?

分かりますよね?

いざ本番となると、
ガチガチに緊張してしまい、
本来の自分の力を出す事ができずに
ミスや失敗の連続になるでしょう。

「自分はできる」と信じてはいても、
練習は必要なのです。

それも徹底的にすることです。

少し慣れていたとしても、
初心を思い出して打ち込みましょう。

どれだけ「自分はできる」と信じていたとしても、
徹底的な練習は欠かせないからです。

なぜなら「自分はできる」と信じつつ
十分練習をした人だけが、
本番を乗り越えられるモノだからです。

では、共にがんばっていきましょう。

 ★ 給料以外に収入を得たい方へ ★

好きな事をするのも一生
嫌いな事をするのも一生
あなたの本音はどちらですか?

★ 本業以外にも収入を得たい
★ いろいろ試しがうまくいかなった
★ 何からやればいいか分からない
★ 忙しくて時間がない

早く始めれば、当然早く稼ぐ事が出来ます。

興味がある方は、レポートを受け取って下さい。
初心者でも、資金0円でも、人脈がなくても、
特別な資格がなくても、
ネットを使って稼ぐ事は可能です。
一緒に頑張っていきましょう

※ ポチッとして頂けると励みになります


30代サラリーマン ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
※ バナーをクリックすると、質問コーナーへ行くことが出来ます


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは。

    本当にそうですね。

    自分を信じて練習をする。

    ネットビジネスもそうだと思います。
    忘れていたことに気づきました。
    ありがとうございます。
    応援して帰りますね。

    • haku より:

      さわだひろこさん、コメントありがとうございます。
      自分を信じて練習をする 事でしか前に前に進みませんからね
      がんばっていきましょう。

  2. ごんたママ より:

    こんばんは!
    本当ですね。
    「自分はできる」と信じることが大切ですよね。
    もちろん十分にトレーニングする必要はありますが。
    「自分なら必ずできる」と信じながら、頑張ります。
    勉強になります。
    いつもありがとうございます。

    • haku より:

      ごんたママさん、コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りで、
      「自分なら必ずできる」と信じながらって大切よね
      がんばっていきましょう。

  3. haruto より:

    こんばんは。
    お邪魔します。harutoです。
    これ、よく言われますね!ネットビジネスの世界に
    入ってから、毎日何回も聞いてるほどです!
    自分を信じる、自信を持って!
    確かにポジティブな意識にすることが大事ですね。
    前向きにいきます!
    応援します。
    ありがとうございました。

    • haku より:

      harutoさん、コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りで、
      繰り返し聞くほど大切ですからね
      それにはまじ意識にすることから始まりますからね
      がんばっていきましょう。