自分で作る流れとは 

どうも、hakuです

ご覧いただきありがとうございます。

毎日、毎日、ニュースを見ても、
暗い話の方が目立ちますね。

コロナ問題もまだまだ見通しが立っていない状態です。

一部で非常事態宣言が解かれましたが
経済活動の流れ悪くなっています。

これは人の流れが止まり、仕事の流れが止まり、
お金の流れが止まっていくからです。

そうなれば、業種業態関わらず会社の存続も危うくなる訳です。

こういう時だからこそ、あなたの収入の流れ、
お金の流れについて考えるいい機会だと思います。

お金の流れって、どういう事かというと
それは、自分の収入の得方という事です。

なぜなら、生きてく上で、お金は必要だからです。

会社に入れば、お金の流れは作る事は出来ます。

しかし、今は会社に行けば、会社の仕事をしていれば
「給料が入る」っと思っていられない時です。

つまり、一つのお金の流れだけでは、
何かあれば、途絶えてしまう可能性がある訳です。

そして、会社に入って収入を得る事で
もう一つ理解しなければいけないのが
会社に「お金の流れをつくる事を」ゆだねているという事です。

お金の流れは、自分で作る事も出来るし、
誰かに作ってもらう事も出来る訳です。

しかし会社に入る事であなたの収入の流れは
会社に任かせて「作ってもらっている」って事を
理解しなければいけません。

なぜなら、知ってるのと、知らないのでは
その後の行動は違いますからね

というのも、どちらにしてもリスクがあるからです。

その中の一つのリスクに決定権があります。

会社に決定権が移っているという事です。

なぜ、注意が必要なのか?

それは、決断や選択を人(会社)に委ねる事になるからです。

会社に決定権が移っている事で
依存心が芽生えてしまって
自分の意思でアクションを起こすことに
億劫になってしまうからです。

言われたことしかできない人になる危険もあるのです。

決定権を委ねる事は、大げさに言えば
いい意味で操り人形になることを意味するのです。

それを踏まえたうえで、会社に頼れる事に気付いていれば、
自分から会社に操られる事になります。

しかし、知らない間に、操られていると
思ってもいない所にいってしまうモノです。

なぜなら、人は受け身になりすぎると、自主性が育ちません。

メンタル的に、やる気を出せないからです。

会社員の多くの愚痴は、
こういったリスクをしらない所からきている事が多いです。

どういう事かというと、あなたの収入の流れは
会社が作ったお金の流れです。

人に作ってもらった流れなので、
「あなただけ」とか「気に入って人だけ」など
個別に収入を増やしたり減らしたりと微調整ができないのです。

つまり、あなたがどれだけがんばって
一人で売り上げを上げても、基本的にはみんなと一緒だという事です。

他にも、仕事の流れ、作業の手順だったり、
人に作ってもらった流れなので、自分に合っている事ができるとは限りません。

他人が作った流れなので、むしろ合っていない方が多いでしょう。

なぜなら、あくまで他人が勝手に作った流れですから、
実行者の好みや適正が考慮されていないことが多いからです

今回の騒動でも、会社の対応が遅いであるとか
会社からの指示が「中途半端」っと感じた方も多いと思います。

こういった事が積み重なったいくと
「思うようにいかない」
「なんだかしっくりこない」という悩みが生まれ、
それが積み重なってストレスになっていく訳です。

では、そういった問題を解決していくにはどうすればいいのか?

それは、自分で自分の収入の流れを作るという事です。

「自分の収入の流れは自分で作るもの」と思えば流されなくなります。

収入の流れに対する考え方を変える訳です。

「収入の流れを作ってもらうもの」と考えるのではなく
「収入の流れは自分で作るもの」と考え方を変える訳です。

もちろん、
「自分で収入の流れを作るのは怖い」
「大丈夫かな」
「周りがしていないし」
「恥ずかしい」
と思うかもしれませんが、
そこは自分の為に勇気を動き出していきましょう

なぜなら、おなたの周りのいる人達は
あなたがお金の問題を抱えても、助けられないからです。

もちろん、心配はしてくれます。

しかし、現実的に経済的に助ける事はできないからです。

「そんな事はない」と思うかもしませんが
あなたの周りの人で、もしそうなったと仮定した事を
真剣に想像してください

あなたならどう行動しますのかを考えて見て下さい。

アンケートなどでも聞いていますが
恐らくほとんどが、経済的に支援するのは、
難しい問題だと気づいてくれます。

つまり、実際問題、自力で解決に向けていくしかないのです。

そう考える事ができれば、
自分で収入の流れを作る事に前向きな姿勢になる事できますし
そうしなければいけないっと、強い心が育ってきます。

これは「何とかしなければいけない」って
「自主性」が育ち「自己責任」の意識が生まれてくるからです。

自主性と自己責任って、流されないで生きていく上で
実は大切な事だし、稼いでいくには不可欠な要素なのです。

「自分が人生の舵かじを取る!」と考えれば、人には流されません。

お金の問題の解決に向けて意欲的にパワーと勢いが生まれます。

知れば知るほど、やればやるほど、可能性も広がるので
目標達成へ向けた前向きな気持ちになって、
やる気が出てワクワクしてきますよ。

なぜなら、価値観が変わってくるからです。

前ならば、「やめとこ」「ダメだ」と思えた事も
何か解決策はないのかなっと、
解決に向けた考え方が出来るようになっていきます

それに人から見れば、苦しいことも、目的意識があれば、
前向きな気持ちで取り組めるので、苦でなくなります。

それに自分で作ったお金の流れには、
「作ったぞ」っという誇りや
「もっとこうしよう!」「もっとこうしたい!」
という愛着も生まれます。

自分が作った感覚が湧くことで、
マネジメントの意識も生まれていきます。

自分がハンドルを握っている感覚は、
緊張感を生んでくれるので、
より真剣な気持ちで取り組む事が出来ます。

これは会社員として働き方に違いが出てくるので
周りと差にも表れて出てきます

自分の収入の流れるを作る事は、
実はいいことずくめなのです。

それに、会社の仕事の流れを作るのは、
上の者から下の者へ情報として流れていきます。

つまり「影響を与える側」から「影響を受ける側」へ流れていきます

世の中でお金を稼いでいる人も
何かを提供しているから、その対価として
お金を得ています。

つまり「影響を受ける側」ではなく「影響を与える側」です。

自分の収入の流れを作る活動は
「影響を受ける側」ではなく「影響を与える側」になれる活動でもあり
人を助ける事が出来る力を付ける事でもあるのです。

その為にはまず「自分の収入の流れは作ってもらうもの」ではなく
「自分の収入の流れは自分で作るもの」と考え方を変えていきましょう。

では、共に頑張っていきましょう

この自粛中に、自宅に居ながらネットを活用して
自分の力でお金を稼いたいと思うあなたへ

【今日から実践 月収10万円稼ぐ講座


40代サラリーマンランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする